琵琶湖の北部「菅浦」は険しい山に囲まれているため、波が荒く、護岸や家々を守るための石積みが独特の景観を作り出しています。2月は雪景色を描く目的で寒い所を選びますが、温暖化の影響か雪を見ることはかないませんでした。小春日和の中、それぞれ集落の石積みや、入組んだ湖岸の風景をスケッチしました。参加者 会員43名 アドバイザー:中瀬 当番:森本(森本 記)