快晴、気温20℃。立冬を過ぎた此の頃にしては絶好の絵描き日和である。

 今日の写生地、坂本は寺院や神社が多い。参道の石畳、土塀などが数多く長く続き、穴太衆積みの石垣は美しく有名だ。

 又、四方、どちらを向いても、紅葉、桜などの老樹も多く、ポイント、モチーフには、事欠かない。真赤に紅葉した樹木を取り入れて作画に励む。

 午後2時、合評会。アドバイザーは、主に構図と配色についての批評で、有意義であった。解散、2時45分。 (友田 記)