6月23日(日)、前田氏を講師にお迎えし、服部緑地でスケッチ講習会が行われました。

 まず、講師からスケッチのテクニックが書かれたプリントが配布され、説明を受けました。・絵のイメージを決定するために何枚か小スケッチを描く。この時、風景を詳細に描くのではなく、目を薄く開け、シルエットで捉えて素早く描く。・小スケッチができたら、スケッチブックへ鉛筆下書きをする。写すとき、実際の風景ではなく、小スケッチをもとに、あるものを取捨選択して描いて行く。下書きは適度にラフな方が気楽に彩色できる。・明るい部分から色を置く。白く残すところは注意して色を乗せずに置いておくこと。空気の層を意識して、遠いところはやや青みを加えた色を塗ること。といったことを教わりました。講習の後、場所を移動して習ったことを実践。そのあとは講師からの講評を受けました。 暑くなり始めた爽やかな日差しの中、良いスケッチ日和でした。