お盆が終わった猛暑の中、京都北のはずれ鞍馬の写生会に大方の人は2時間以上をかけて参加してくれました。市内よりは少し温度も低く日陰では涼しい風も吹いてくれて、思ったよりは快適に描くことが出来ました。鞍馬川沿いの民家、河の流れ、真夏の緑を選んだ人が多く、鞍馬寺門前のお店や山門を選んだ人も、中でも鞍馬寺に入ってケーブルも使わずに急な長い階段を1時間程かけて登って行き義経が修行したと言われる伝説の木の根道を描いた精力的な方には参加者から感嘆の声も上がりました。 (参加者 18名 アドバイザー 植苗 当番 一瀬)